シミを薄くするならSIMIホワイト

飲むシミケアって、前にも飲んだことあるけど、あんまり効果感じたことなかったけどなぁ。と思ってません?実は私もその一人。
今まで、パッケージを見て良さそうと思っただけで安易に選んでしまっていて、飲み方にも気を付けていなかった!
思い当たりませんか?

飲んでシミを改善するものは、どれでも一緒・・・ではなかったんです!

気やすめに飲むサプリをやめて、本当にシミを薄くしたいなら、シミ改善効果がある医薬品を選びましょう。

飲んでシミを薄くするという医薬品、ビーグレンの「SIMIホワイト」を紹介します。

SIMIホワイトの詳細⇒ 【シミ改善】ケラー博士バージョン

飲んでシミをケアするSIMIホワイト




ビーグレンファーマの「SIMIホワイト」

飲むだけでシミを改善し、同時に日焼け対策も出来る医薬品。
【ネット販売のみ】
L-システイン配合でシミに直接的にアタックし、今あるシミと日焼け対策として全身を予防します。
仕事や家事、アウトドアなど、紫外線を防ぎきれないと感じる人は男女限らず飲めます。

SIMIホワイトの詳細を見てみる⇓

SIMIホワイトは、飲んでシミを改善し、それと同時に日焼け対策も出来る医薬品です。
医薬品(薬)であり、サプリメントではないんですね。

ずばり、医薬品だから、シミを薄くする効果があり、日焼け対策が出来るということが認められた商品なのです。

何故かというと、サプリと医薬品では、配合成分が違うからです。

飲むシミケアのサプリメントと医薬品の違い

シミをケアするサプリって飲んだことあるけど効果ないよねぇ

と思ったことありませんか?
もしかしたら、シミがうすくなればなぁと思って飲んでいたサプリには、シミを薄くする効果がある成分が入っていなかったんかもしれません。

シミを消す、消せないまでも薄くするにはL-システインとビタミンCだよね。その成分入ってたと思うんだけど、何か違いがあるのかな?

ドラッグストアでシミ対策用のサプリを買った時、表示されている成分など見たり、どれがいいか薬剤師さんやお店の人に聞いた覚えはあるのですがL-システインが入っていればいいだろう、ビタミンCも入ってるし、くらいにしか私は考えなかったように思います。
一度、内容成分表をみた時に「L-シスチン」と書いてあったのを見たことがあって、「L-システイン」と同じようなもの?安いからこっちでいいんじゃないかなと思ったのを覚えています。(ちょっと気にはなると思いながら)

L-システインは医薬品にしか配合できないので、サプリメントには当然入っていません。

シミを改善するL-システインの働き・作用

L-シスチンは、L-システインが2個結びついたもので、L-システインと同じと考えられますが、身体の中でL-システインに変化しないと、L-システインとしての働きは期待できません。
シミを薄くするには、メラニン生成を抑制して、メラニン色素を無色化し、肌のターンオーバーを促進して今あるシミ(メラニン)を排出すること。

それには、L-システインとビタミンCを同時に取ることです。

SIMIホワイトには、このシミを薄くするステップをふむ成分がしっかり配合されています。

● L-システインを最大量配合。(ターンオーバーを促進してシミを薄くする)
● アスコルビン酸(ビタミンC)1000㎎配合。(コラーゲン生成にも欠かせない・シミを薄くする美肌ケアに欠 かせない)
● ビタミンB2とB6配合(美肌に欠かせないビタミン。肌のターンオーバーを整え、メラニンの排出を促す)
● ビタミンE配合(色素沈着を改善する。)

出来てしまったシミを薄くする美白効果があるのは「L-システイン」です。
シミの元になるメラニンは肌の奥で次々と作られます。
正常なターンオーバーでメラニンは排出される

ターンオーバーが正常な状態であれば、皮膚の外側へと押し上げられ、古い角質とともに剥がれ落ちます。
ターンオーバーが遅くなったり、うまくいかないと肌細胞の生まれ変わりがうまくいかずメラニンがたまった状態のままに。
このメラニンの生成を抑制するのがL-システインでメラニン色素を無色化するのがビタミンC。
このふたつが、ともに作用することで、今あるシミの改善をすることが出来るんですね。


「L-システイン」は医薬品でなければ入れることができないので、サプリには配合されていません。
というか、できないのです。
「L-シスチン」は「L-システイン」と同じようにアミノ酸の一種です。
髪や爪に含まれるケラチンというたんぱく質に豊富に含まれるアミノ酸でL-システインが2個結びついたものです。
でも、「L-シスチン」は「L-システイン」として身体の中で変化しないと、シミの原因となるメラニン色素を抑える効果はありません。

L-システインは飲んで30分ほどで血中濃度が最大になります。
また、L-システインは二日酔いにも効果的という事がわかっていて、L-システインを身体に入れてから30分で血中濃度が高くなるという即効性があることから、飲みすぎた後、二日酔いなどの時に飲んでもいいんです。

飲酒後に顔が赤くなったり、お酒に弱い人は特に、アセトアルデヒドが体内に蓄積しやすいそうです。
L-システインは、アルコールを飲んだ後に発生するアセトアルデヒドなどを無害化する効果もあります。

SIMIホワイトは、紫外線対策とシミ改善が同時に出来るので、手軽で効果的な美白ケアです。

SIMIホワイトの詳細を見る⇒ 【シミ改善】ケラー博士バージョン

シミケアのいろいろな方法とそれぞれの役割

シミやくすみ、ソバカスなどお肌の悩みは尽きないですよね。
美白化粧品を使ったり、日焼け止めを塗ったり、サプリを飲んだり、日傘や長袖で紫外線除け!
今まであまり気にしてこなかったけど、極力紫外線をよける妹の影響を受けて、私も、日焼け止めや日傘を使用するようになりました。特に、年を重ねていくと、手のシミが気になってくるんですよね。

医薬部外品の美白化粧品で美白ケア

シミ・そばかすやくすみなどの肌悩みがあれば、医薬部外品の美白化粧品をスキンケアに取り入れている人が多いでしょう。
医薬部外品の美白化粧品でのスキンケアで、日焼けによるしみそばかすを防ぐ効果が期待できます。
しかし、できてしまったシミを薄くする改善効果は、残念ながらありません。
私も覚えがありますが、いくら美白化粧品でスキンケアをしても、シミは全然変わりない・・・。
スキンケアの効果を実感するには、場合によっては継続して使う事も必要で、特にシミを改善するには根気が必要です。
でも、何か月も何年も消えないシミ、濃くなるシミを消し去りたいなら(うすくしたいなら)、別の方法を試してみることも或いは、必要なのではないでしょうか?
シミは、消えないものとあきらめず、もっと効果的な方法がホームケアで出来るなら試してみたいと思いませんか?

塗る日焼け止めでシミ予防

塗る日焼け止め

シミを予防するには、紫外線から肌を守ることが必要ですね。
何も塗らずに紫外線を浴びることは、やはり無謀!
顔だけでなく手や足など露出する部分にぬって紫外線対策ができるし、今はSPFが高いものや価格の安いものもたくさんあるので、夏だけでなく冬でもシミが気になる人は塗っているという人も多いと思います。

でも、全身これでオッケーかというとそうでもないんですよね。

紫外線はどこからでも入ってきます。
帽子や、アームカバー、長袖、長ズボンで完全防備するなら別ですが、モデルさんとかでなければそうそういつでもはできないでしょう。
そんな風によっぽど気を付けていなければ、通勤するだけで、夏は腕はもちろんですが、気が付きにくい首回り、特に首の後ろなどいつの間にか日焼けしてしまいます。

バスの窓から首元が、車通勤だと右腕だけが日焼けしてしまった。

長時間ではないからという油断が、毎日繰り返しているといつの間にか焼けちゃうんですよね。

塗る日焼け止めは、確かに効果がありますが、一度塗ってそれで終わりではないんですよね。
特に、汗をかく季節では、せっかく塗った日焼け止めが流れてしまいます。
そうなると、また塗りなおしをしなければなりません。
日焼け止めが洋服につくのが嫌だという人もいます。
敏感肌で日焼け止めが使用できない人もいます。
ニキビ肌で、日焼け止めやファンデーションをあまり使いたくないという人もいます。
(私はこれ全てあてはまります・・・。)
塗る日焼け止めは確かに日焼け対策になりますが、きちんとしっかり塗らなければどんなにSPFが高いものを使っても、その効果が十分に発揮できていないことになります。

日焼け止めサプリ

今、はやりの日焼け止めサプリは美白ケアとして取り入れる人も多くなったみたいですね。
美白化粧品や日焼け止めだけでは、対策が出来ていないと感じる方が増えたのでしょうか。
美白化粧品や塗る日焼け止めでは防ぎきれない身体全体を、身体の内側からケア出来るので、紫外線が気になる、シミやそばかすが増えるのを少しでも食い止めたいと思うなら、この、身体の中からのケアは大事な選択肢の一つですよね。
でも、日焼け止めサプリは日焼け対策効果が、実は、認められてないんです。
それでも、全身のケアが出来るという点、認められてはいないけれども、ある程度の対策にはなっていると言えます。
でも、日焼け止めサプリでシミを薄くすることはできません。

シミに効果がある成分として医薬品に入っているL-システインがサプリには配合されていないんです。
似たような名前で「L-シスチン」という成分が配合されているものはたくさんあります。
「L-シスチン」は「L-システイン」が2つ結びついたものですが、身体の中でL-システインに変化しなければメラニンの生成を抑制するという効果はありません。
身体の中で、L-シスチンすべてがL-システインに変化するという確証もありません。
という訳で、シミを改善する効果があるとは今のところ言えないというか、認められていません。
ですから、美白化粧品や日焼け止めでは間に合わないケアを補助する役割として、使用するものと思えばいいのではないでしょうか。
シミを薄くするという明確な目的があれば、この日焼け止めサプリは目的に沿っていないということになります。

飲んでシミを薄くする(シミケア)なら医薬品

本気でシミを薄くしたいなら、飲む医薬品です。

出来てしまったシミを薄くするには

メラニンの生成を抑制する。
メラニン色素を無色化する。
ターンオーバーを整えて、シミの元であるメラニンの排出をスムーズにする。

この一連の流れがあってこそ、しみの改善効果が見込めます。

シミを改善する飲む医薬品であるSIMIホワイトは、このシミを薄くする流れが出来る成分がたっぷり配合されています。

SIMIホワイトのシミに直接アタックする成分

SIMIホワイトは、医薬品なので実際に次の効果が認められています。

  1. シミや色素沈着を薄くする効果
  2. 日焼け対策
  3. 妊娠中、または産後のケア
  4. 疲労回復効果
  5. 身体全身の美容効果

SIMIホワイトのシミ改善効果は、日焼けによるシミ・色素沈着のケアができます。

それにシミや色素沈着は虫刺されなど傷から出来ることもありますが、そのようなシミや色素沈着にも効果的です。

日焼け対策は飲むだけで全身をカバーできるので手っ取り早くしかもしっかり対策が出来ます。

通勤・通学、ドライブ、海やプール、山登り、キャンプ、屋外コンサート、野外フェス、運動会、部活動など誰でも紫外線は予防しないと避けられません。

学生の時に陸上をしていた女の子で、色が白くなりたいとしきりに言っている子がいました。
ずっと外で走ったりトレーニングしていたことで色黒になってしまったから、肌が白くなりたいとその子はずっと思っていたみたいです。
学生は、体育の授業や部活動がありますよね。

子供の日焼け対策も(7歳以上から)

学校が日焼け止めを禁止しているところもあるとか。
まだそのくらいの年齢なら日焼けで色が黒くなるくらいで済みますが時間の経過とともにそれがシミになったら嫌ですよね。
ほんとに、子供と言えど、紫外線を長時間浴びるのは避けたいものです。
その時はまだわからなくても、数年たってシミの原因になることが親である大人は分かっていますからね。
SIMIホワイトは7歳以上の子供から服用できるので、日焼け対策として子供に飲ませることができます。
禁止される塗る日焼け止めより効果的だし、全身のケアが出来るのでオススメです。

妊娠中や産後に服用は、母体への影響や赤ちゃんに母乳を与えるので服用しても大丈夫なのか気になるかもしれませんが、服用しても問題ありません。むしろ、栄養補給としてオススメするくらいなので安心してください。
妊娠中や産後でも

産後は特に、女性ホルモンの影響で、しみが急激に増えたりすることが多いので、服用することでしみが出来ずらくなります。
また、7歳以上のお子さんから服用できます。

全身の日焼け対策と、シミ改善が出来るし、L-システインはたんぱく質の元であるアミノ酸で、髪や爪などに元々含まれるためか、服用していると爪が割れにくくなったとか髪にツヤが出てきたという人もいます。

肌がきれいになったと言われるようになったと言われるのもうれしい効果の一つです。

このような、直接シミにアタックするSIMIホワイトに入っている主な成分の作用は
L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)がシミの原因となるメラニンの生成を共に抑制、代謝を促進し、メラニン色素を無色化、ビタミンB2とB6がターンオーバーを整え、シミ(不要なメラニン)の排出をサポート。
皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンEが色素新着を防ぎます。

 

SIMIホワイトの効果的な飲み方

 

SIMIホワイトの飲み方

SIMIホワイトは15歳以上の大人で1日2回、3錠ずつ朝晩に水又はお湯にて服用します。
7歳以上でのお子さんから服用できるので、その場合は1回1錠ずつ、1日2回です。

年齢
成人(15歳以上)
7歳以上15歳未満
7歳未満
1回量
3錠
1錠
服用しないこと
服用回数
1日2回
1日2回

お薬ですので、用法、用量は必ず守りましょう。
毎日しっかり続けて飲むことで、効果は実感できるようになるものです。
シミ改善の効果には、個人差があります。
20代でシミやそばかすができ始めた人と、50代で何年もののシミとでは、差が出るというのは当たり前。
それに若いうちは、活性酸素を消去する力があります。
加齢とともにその抗酸化力は低下していくので、年齢によっても差が出るかもしれません。
シミの濃さや、大きさにもよるかもしれません。
美容整形で、シミ取りレーザーをする時でも、シミの種類や濃さ、大きさで治療方法や回数が異なるそうです。
私はシミ取りレーザーは経験したことがないですが、友人の1人に子供のころから頬全体にアザのようなものがあってレーザーで除去しました。
でも、レーザーでシミ取りしても、再発することもあります。
友人は、何回か再発のたびにレーザーで取ってます。

よく、継続しないと分らないと言われますが、それ、つくづく最近思うことなので、毎日こつこつ続けることが効果を感じる早道であると私は思います。

それでも、やっぱり本当に効果があるのか、どのくらいで、どういう効果があるのか気になるところだとおもいますので、実際にSIMIホワイトを飲んでいる人の口コミ情報も後述しますので参考にしてみて下さい。

効果的な飲み方と言えるかはわかりませんが、SIMIホワイトは、アルコールと一緒に飲んでも問題ないそうです。
L-システインは二日酔いや飲みすぎにも症状を和らげる効果があるそうで、それは、L-システインが飲酒後に発生するアセトアルデヒドなどを無害化する作用があるからだそうです。
もし、夜の飲み会とかある時でも、携帯しておけば、その場で飲めるってことですね。
お出かけしたりすると、飲み忘れにもなるのでそうならないためには、予定がある時に携帯すると良いと思います。

SIMIホワイトの安全性は信頼できる?

L-システインと一口に言っても、海外製と日本製、品質も様々です。
SIMIホワイトは、厳選された国内生産の成分を用いて、厳しい基準をクリアした国内工場で生産されているので安心して飲めるものだと思います。
ただ、医薬品(第3類医薬品)なので、リスク区分があります。

使用方法や量を守って服用することが大切

厚生労働省の規定では、日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがあるものになります。
皮膚に発疹・発赤、かゆみ、または消化器系で吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛症状が出た場合は直ちに使用を中止してください。
お薬ですので、注意事項をよく読み、異常があれば医師、薬剤師又は登録販売者に相談しましょう。
また、L-システインが白髪が増えるという噂のようなものがあるようですが、L-システインを服用して白髪が増えるという因果関係を証明された文献や論文などはありません。

SIMIホワイト成分一覧

SIMIホワイトはビーグレンファーマというビーグレンの姉妹ブランドから出ているシミを改善する飲む医薬品です。
「確実に効果のある薬を」という開発責任者の薬学博士ブライアン・ケラー博士の視点から“しっかり効果を実感できる処方”と“毎日安心して服用できる安全性”という条件を満たす成分が厳選され日本の製薬会社とともに開発されたお薬です。以下、全成分です。

【成分・分量】※ 1 日量( 6 錠中)
アスコルビン酸(ビタミンC)*1000mg、L-システイン*240mg、リボフラビン (ビタミンB2)*6mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)*12mg、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)*50mg 添加物として、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、クロスカルメロースナ トリウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴールを含む。

SIMIホワイトの効果のほどは?口コミ情報を参考に

今まで飲んできたサプリで効果がなかったと感じる人。
何を選んだらいいのかわからない人。
やはり実際に飲んでいる人の口コミは気になりますよね。
私も、年々増えるシミに、やっぱり紫外線対策をしなきゃいけないのかぁ・・・と日焼け止めを塗ったり、外に出るときは必ず帽子をかぶったり、アームカバーをしたりとやっと気を付けるようになりました。
この年で遅すぎる~~~。と反省しています。
でも、防ごうと色々しても、防ぎきれないな・・・と感じていて、このSIMIホワイトって日焼け対策も出来るし、シミの改善にもなるしいいかもと、ちょうど考えていることに一致していたので飲んでみることにしました。
どのくらいで効果が出るかとっても楽しみです。
飲み始めたばかりなのでシミの変化は当然まだまだですが、肌の調子が飲んでまだ2、3日であれ?良くなってない?と思いました。たまたまかもしれないし、気のせい?かもしれないので、ちょっと継続して経過を見たいと思ってます。

では、実際飲んだ方の口コミをご紹介します。

口コミここ5年一気にシミが増えてしまい恐怖しかなく、どうやってシミを消していくか、新しいシミを作らないか真剣に考えているときこちらを見つけました。
2つの悩みを一気に解決してくれる!とかなりの期待を込めて購入することにしました。
冬から飲み始め、まだ数ヶ月しか経っていませんが、明らかにシミが薄くなってってます。
新しいシミも増えていないので紫外線もカットできているように思います。(40代)
口コミ個人的に、日焼け止めクリーム塗るより断然効果があると思います!
旅行によく行くので日焼け止めを塗るのは面倒い
(と言うより、塗っても日焼けしてきた)ので、その労力を省いて
日焼け止め対策をしたいと思い調べてたどり着いたのが
このSIMIホワイト。実際にこれを飲んでから日焼けもなく、
顔にポツポツできていた細かいシミやそばかす?が薄っすらしてきました!
!塗るより断然楽だしベタつかないし塗り漏れの心配も不要!本当に優秀です!(20代)
口コミ最近美白ケアを意識したスキンケアをしているのですが なかなか肌が白くならないので 次はサプリメントを試してみようと思いたちました。
しかもビーグレン商品で この年代にかなり人気のブランドだから 信用性は初めから凄くありました。
1ヶ月くらい飲まないと効果はでないと思っていたのに1週間くらいで私は肌が白くなったように感じました。
本当に肌が白くなるとは正直思っていなかったので、効果の速さに凄い驚きです。
透明感を感じられるような白さで 今までよりも明らかに美白になってとても嬉しく思っています。(20代)
口コミ値段が少しお高めで、買うかどうかずっと悩んだ末に思い切って購入。
買ってみて大正解!価格以上の価値あり!
日焼け止めは塗るのがめんどくさくでサボっていたりしていたけど、ビーグレンのSIMIホワイトは飲むだけだしと思って飲み続けたら本当に効果が出はじめていて感動!即効性がある!
元々色黒で美白に憧れていたからすごく嬉しい!
粒も大きくないから飲みやすい!これからも継続しようと思ってます!(20代)
口コミ飲むだけでシミが薄くなっていくなんてまるで魔法みたい!
今までシミ取りクリームを使ったり、米のとぎ汁などを塗ると良いという記事を読んで試したりと色々と続けてみましたが、なかなか効果が出ず。。
そんな時にこちらを発見してお値段は結構張りますが、シミが取れるなら安いかなと思って購入。
最初のうちはなかなか効果が現れず、挫折しそうになりましたが、続けていくうちに段々とシミが薄くなってきて、今ではかなり目立たなくなりました!
錠剤は大きいくもなく嫌な臭いや味がすることも無いので飲みやすかったです。
個人差はあるかもしれないですが、さらなる効果を期待したいのでこのまま頑張って続けてみようかと思います!(30代)

こうして口コミを見てみると、やはり個人差があるみたいですね。
即効性を感じる人と、初めはなかなかわからない人と個人差はあるけど、シミの改善効果は継続することで実感するものなんだな、続けたその後がすごく楽しみと私自身思ってきました。

まとめ

実は、肌のたるみがすごく気になる年ごろの私は、たるみにはエラスチン!エラスチンのサプリあった!と飲んでるんですが、どこがどう変わったか、まったくわかりません・・・。
値段が安かったので、品質が良くなかったのか、そもそも成分量なのか・・・。
他にも、イボにはハトムギエキス!(サプリあった!)と合わせて飲んでみたものの、ほんとに何の変化もなくて気休め程度で在庫あるから飲んでる感じでした。
というか、今までサプリを試してきて、ほんとに実感したことなかったんですよね。
これ、安いものばかり求めていたから?
それとも飲み方の問題?
ビーグレンのスキンケアは、使ってみてとっても良くて肌質もよくなったので、個人的に私も信頼しているブランドです。
それで内容を見て、そして知った上で飲み方も意識できたし、飲んですぐに肌の調子が良くなったみたい・・・と感じたのでこの色黒の顔が色白になれますように!続けたいと思いました。
不安に思っていた紫外線対策が一気に解消できるので、安心です。