しわやニキビだけじゃない!トレチノインでシミ対策!

トレチノインとは?
トレチノインとは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、ビタミンAの生理活性が50-100倍あります。
ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのもの。
トレチノインは、オールトランスレチノイン酸のことです。
私たちの身体には、このレチノイン酸が、血液中にごく微量流れていますので、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。
トレチノイン(レチノイン酸)はアメリカではしわ・ニキビの治療医薬品としてFDAに認可されており、
非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。
でも、元々、トレチノインは刺激が強く、外用後に強いかぶれを引き起こすことが問題でした。
でも、現在では、開発が進み、かぶれやかさかさを抑制できるようになりました。

トレチノインの働きとは?
トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に排出する働きを持っています。
トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるので、表皮の細胞が、どんどん上に押し上げられ、
同時に、メラニン色素を一緒に持って上がって言ってくれるので、2週間から4週間でメラニン色素を外に出してくれます。
これがシミ消し、美白効果に対するトレチノインの特長なのです。
トレチノインはシワ・ニキビだけじゃない!美白にも!

トレチノインの効果

ターンオーバー活性・・・表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させて皮膚の再生を促します。

皮脂の分泌を抑える。

表皮内の粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。

トレチノインは、皮脂腺の機能を低下させて、角質をはがす作用があるので、ニキビ治療にも効果的。

トレチノインの注意点

トレチノインを使用するときの注意点

・トレチノインは、厚く塗らず、薄く丁寧に塗布すること。
・トレチノインの塗る範囲は、綿棒などで、できるだけ狭く広がらないように塗布すること。
・トレチノインは、皮膚の角質層をはがしていくので、皮膚のバリアー機能や水分保持機能が低下します。
外部からの刺激などから皮膚を守るために皮膚を保護するようにしましょう。
また、紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線防止を心掛けてください。(かえってシミを招くことのないように。)
・ビタミンA誘導体により、胎児への奇形のリスクを高める可能性があるので妊娠中・妊娠予定の方は使用を避けてください。

トレチノインがシミ・しわ・ニキビのケアに役立ちますように!