しわ、たるみがじわじわと・・・さてどうしよう?

年齢を重ねていくと、知らぬ間に増えているしわ、そしてたるみ・・・。
シワは人によっては、『年を重ねた年輪のようなもの、年相応だし、これが今の私よ。』
と美しく年を重ねることに自信を持つ人も少なからずいらっしゃいますよね。

人は誰でも、年を取るもの。
若い時にはわからなくてもね。
でも、シワもいろんな箇所にあって、表情が変わり、なんだか怖く見えてしまったりすることもありますよね。
老けて見えるのが嫌だと思う人が圧倒的でしょうか?

さて、シワの種類にはどんなものがあるでしょう?

シワの種類

たるみじわ
たるみじわは、言葉通り、たるみによって出来るしわです。
加齢によりコラーゲンなど、皮膚を支える組織がだんだん減っていき、
同時に筋力も衰えるので、表情金が肌を支えきれず、
重力に負けると、肌が垂れ下がってしまいます。
たるみじわは大きく深いしわ、
あるいは指で押し上げるとなくなるしわです。
たるみじわであるかどうかは、上を向いたときにわかります。
上を向いた時に、しわが軽減すれば、それはたるみじわです。
ほうれい線がこの代表的な例です。

ほうれい線
小鼻から口角にかけて八の字に伸びるしわ、
そしてマリオネットラインは口角からあごにかけて伸びるしわのことです。
加齢に伴い、表情筋が衰えてできるだけでなく、頬のたるみ、
首にかけて広がる広頚筋が緩むことによって目立ってきます。

乾燥じわ
肌の表面にできる、ちりめんのように浅くて細かいしわです。
皮膚が老化していくにつれ出てくるしわです。
新陳代謝の衰えや保湿力の低下、乾燥や、紫外線によるダメーシが主な原因です。

表情じわ
表情じわは筋肉の動きに連動するしわです。
顔には、表情筋という表情をあらわす色々な筋肉があります。
表情筋が動く事で、表情筋の上にある皮膚にゆがみが生じで
波打つ状態になりしわになります。
若い頃は表情を作った時にだけしわができますが、それがだんだんと
年齢を重ねていくと、元の状態に戻らなくなってきます。
額の横しわ、眉間の縦しわ、
目尻に何本も寄ってしまうしわ、
唇の周りにできる梅干しじわなどがそうです。

ゴルゴライン
目頭から頬に向けて斜めに走るラインのことで、
ほうれい線同様たるみのひとつです。
表情筋の中でも大小頬骨筋や上唇拳筋の衰えによって
皮膚や筋肉がたるみ、脂肪が垂れ下がって
下しわのような溝ができます。

首のしわ・手のしわ
首のしわ、たるみ
年をとってくると、首のシワ、たるみがどうしても、気になってきます。
若い頃のようなハリがなくなり、指でつまんでみると、戻りにくいんですよね・・・。
首は顔よりも皮膚が薄く乾燥しやすい部分です。
顔のスキンケアはしても、若い頃から、首のケアまでされていましたか?
私、すっごく後悔しています・・・。
首は、服の保護がない場合が多いのに、紫外線にさらされているのですから、
シワやたるみが出てきても、おかしくないのですね。
さらに、顔の2倍もの汗腺があるので、
汗によって肌がもともと持っている保湿成分が流され、
より乾燥が進み、しわができやすいのです。
手のしわもやはり同じく、乾燥が原因です。
1日に何度となく洗う、紫外線を浴びるなど
過酷な状況にさらされているだけに老化が進みやすく、
しわが目立つようになるのです。
通勤などで、長年、車を運転していたら、
日に当たるほうの手がシミだらけ・・・なんていう人もいます。

しわを改善するために原因を知ろう!

しわの原因

  • 加齢による肌の弾力低下
  • 加齢にともなう乾燥(肌の水分保持力の低下)
  • 気温や湿度の低下による乾燥
  • 紫外線による真皮や表皮へのダメージから起こる弾力低下
  • 加齢による女性ホルモン量の低下
  • くせ(首など、寝ているときなどの体勢)

誰でも、このように、乾燥、紫外線、加齢による表皮や
真皮の変化によって肌にしわが刻まれてしまうのです。
しわが出来てしまうのは自然の流れですし、
仕方のないことなのかもしれませんが、ケア次第で軽減はすることができます。

紫外線はお肌の大敵と言いますが、紫外線を浴び続けていると、
あらゆる老化の原因といわれる活性酸素が発生するからです。
もともとは有害物質を退治するのが目的の活性酸素なのですが、
必要以上に増えると細胞に悪影響を及ぼしてしまいます。
皮膚の場合は、エラスチンやコラーゲンがダメージを受け、
弾力と水分保持機能が低下してしまうのです。

紫外線はお肌の大敵

しわを改善するには?

マッサージや表情筋を鍛えることで深いしわは改善できます。
リンパマッサージでリンパの流れをよくすることでたるみが解消したり
エステサロンなどで、してもらったら気持ちがいいですよね。
マッサージなどでしわの改善
でも、自分でやるとなると、ちょっと感覚が掴みづらいと私なんかは思うんですが・・・。
マッサージによる血行促進も健やかな肌づくりにつながりますよ。
ただし、強い力を加えると肌を傷めてしまうので、
やさしく行ってください。
首元をオイルマッサージすると、意外なほど老廃物が出てきたりします。
筋力の低下と皮下脂肪の増加によって生じるたるみを防ぐにはエクササイズが有効です。
本などでも紹介されているので、少しでもやってみてはいかがでしょうか?
普段あまり使わない口元を意識的に動かすなど、できる範囲からはじめてみるといいと思います。

深いしわの改善・予防が期待できる食べ物
深く刻まれたしわの改善には、
コラーゲン、ビタミンC、たんぱく質、鉄分などの栄養素が効果的とされています。
それらが含まれている食べ物を効率よく摂って、身体の内側からも
肌のコンディションを整えることを意識するといいですね。

コラーゲン 牛筋、鶏皮、豚足、手羽先、フカヒレ、すっぽん など
ビタミン Cアセロラ、レモン、ブロッコリー、ゆず、キウイフルーツ など
たんぱく 質肉類、魚介類、たまご、乳製品、豆類、お米 など
鉄分 ひじき、あさり、がんもどき、豚レバー、鶏レバー など

少しでも、しわ・たるみが軽くなりますように!
出来ることから始めてみましょう!!

しわ・たるみ改善がんばって!