良質なたんぱく質を摂るようにしよう!

良質なたんぱく質を摂ることが健康な身体づくりには重要。
聞いたことはあったのですが
わたし、ちょっと意識不足でした。
最近、プロテインを積極的に摂る人が増えて
コンビニでもプロテイン商品が充実しているそうです。

良質なたんぱく質を摂るってどういうこと?

良質なたんぱく質を摂るようにとは
どういうことなんでしょうか。
タンパク質は、炭水化物、脂質とともに三大栄養素のひとつ。
身体はたんぱく質でできているとも言われますね。
バランスの取れた食事を摂ることが
美容にも健康にも不可欠です。
たんぱく質は20種類のアミノ酸が鎖状に多数連結(重合)して構成されています。

「良質なたんぱく質」というのは、このアミノ酸が
バランス良く含まれているたんぱく質のことを言います。

アミノ酸の含有バランスをアミノ酸スコアといいます。
アミノ酸スコアが良いものは、生体内での利用効率が良く、
余分な老廃物となるものが少ないので、
「良質なたんぱく質」と呼ばれるそうです。

良質なたんぱく質を含む食べ物

肉類、魚介類、牛乳・乳製品、卵類や大豆・大豆製品など

良質なたんぱく質を含む食べ物は上記のように
肉類や魚介類、豆類です。
たんぱく質は穀類や野菜類にも含まれるのですが
重要なアミノ酸が少ないなど、アミノ酸のバランスがよくありません。
アミノ酸のバランスが良くない(アミノ酸スコアが低い)と
たんぱく質の利用効率がアミノ酸の量にしたがい下がることになります。
ただし、穀類や野菜類は、たんぱく質以外に
肉類や豆類に少ないほかの栄養素が含まれるので
たんぱく質を摂るという目的以外で
バランスよく身体の栄養を摂れるので
しっかり食べるようにしましょう。

たんぱく質の1日の摂取量の目安

アスリートやダイエットサポート、
筋肉づくりの為プロテインを摂る人が多いと思われますが
最近では、そうでなくても摂られる方が多いと聞きます。
でも、たんぱく質を過剰に摂りすぎるのは禁物です。
身体、内臓に負担をかけることになるので
1日の推奨摂取量にするべきです。
また、骨が弱くなる可能性もあるそうです。

理想の摂取量の目安は、1日50gくらいです。
年齢や体重などで多少誤差があります。
推奨量は、成人男性は一日60g、成人女性は一日50gです。

1日の限度摂取量はタンパク質摂取は2.0g/kg体重/日未満だそう。
50㎏なら1日に100gまで。

身体を作るたんぱく質を摂ることは重要ですが、
バランスを考えてほかの栄養素と組み合わせ
トータルで考えると良いですね。