爪をみたら健康状態がわかる?もしかしてたんぱく質不足かも!

「爪を見れば健康が分かる」って言われます。
健康な爪は薄いピンク色をしており表面も滑らかです。
爪の色が白くなったり、割れやすかったり
また、爪に縦線が目立ってきたら
身体のどこかに異常があって
何かの病気のサインなのでは?と心配になります。

爪は何でできている?

爪は主にタンパク質の一種であるケラチンで構成されています。
爪の含水量は12%〜16%、脂肪量は0.15%〜0.75%程度だそうです。
爪に縦線が目立ってきて心配になり調べたところ
それは、爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)といって
誰にでもあるもので、老化が進むにつれ目立つようになるのだそう。
その縦筋が目立つようになるのは乾燥も影響しているようです。

老化かぁ・・・。
と言われたら、そうなんだ・・・・↷
ではどうするば、少しでも改善するのだろうと思いました。
原因は老化と乾燥らしいので、
ハンドクリームなどで保護することも大切なんですね。

ただ、私の場合、この1年くらい、
最近になって爪がおかしいなと思ったので
もしかしたらそれだけではないかも・・・。

そう思い、爪は何でできているんだろう?
と思って調べたら、たんぱく質です。
「やっぱり・・・。」
私が思い当たることは、たんぱく質不足です。

肉や魚などをほとんど食べない食生活で
そう言えば、お豆腐も食べなくなったな。

タンパク質は三大栄養素のひとつ

菜食主義という言葉もあるように
何故だか私はタンパク質を軽視していたんですね。
野菜を食べていれば栄養を摂っている
そう思い込んでいたのです。

最近プロテインを積極的に摂る人が増えている
ということをTVでみました。
たんぱく質を摂るにも
他の栄養素、野菜などと一緒に摂ることで
吸収率も良くなるそうです。

美容、肌質改善を目指すなら
身体の中からもと思っていたのに
私は、たんぱく質を摂る量が少なすぎたんだ!
と気づかされました。
身体はたんぱく質でできています。
とお医者さんが言ってたんですけど
それが不足していたら
他のどんな栄養を摂っていても
偏った栄養を摂っているということだったんですね。

他にも足りないものがあるとは思ってますが
野菜中心の食生活で
結構気を使っているほうなのに
「なぜ、立ち眩みがするんだろう・・・・。」
ってずっと思ってました。
鉄分も足りないのかもしれませんね。

爪の健康には良質のタンパク質を食事で摂るのが有効だそうです。

身体はたんぱく質でできている

たんぱく質は食べ物として身体に取り入れられると
一度アミノ酸に分解され、
必要な形のたんぱく質に再合成され、筋肉や臓器、血液
または酵素やホルモンなどになって
さまざまな役割を果たすのです。

たんぱく質が不足するとどうなる?

タンパク質の摂取量が少ないと、
これら身体の健康状態を
正常に維持することが出来なくなって免疫力も低下し
身体に重大な影響を及ぼすこともあります。

タンパク質を効率的に摂るためには

たんぱく質は一度にたくさん摂取しても
効率的に活用されないので
3食の食事でバランスよく摂ることが大切。
体内ではたんぱく質の合成と分解が繰り返されるので
消費される度にたんぱく質を毎食20~30gくらいを
摂るのが理想的だそうです。

バランスのよい食事が大事という事は
わかっていたつもりでいたのですが
たんぱく質不足だったということに
今、気づけて良かったと思います。
自分の身体の変化を気を付けてみることは
病気の予防にもつながりますしね。