リピジュアのすごい保湿力、知ってますか?

年齢肌にハリをとり戻すリピジュアの効果

スキンケアを選ぶとき、化粧品にどんな成分が含まれているか
気になりますよね。
リピジュアってどういう効果があるんだろう?
この成分が入っているから、とか、好きだからという理由で
基礎化粧品を選ぶこともあります。

リピジュアって何?

リピジュアとは、日本の化学メーカーである日油が持つ水溶性ポリマーの商標のことです。

化粧品成分表示名はポリクオタニムー51のようです。
化粧品にリピジュアが配合される場合
配合成分表には、「リピジュア」と書かれているものと
「ポリクオタニムー51」と書かれているものがあります。

リピジュアはリン脂質類似構造を有し、高い保湿性、皮膚保護効果を
発揮する高機能ポリマーで、最近の美容業界で注目が集まっています。

リピジュアって安全?

ポリマーと聞くと、
「ちょっと大丈夫かしら?私、お肌敏感だし・・・。」
と、私なんかは思ってしまいました。
科学的なものに抵抗を持たれる方も、私のように中にはいらっしゃいますね。
リピジュアは、生体由来の官能基でリン脂質の極性基「ホスホリルコリン基」を有する
モノマー2-メタクリロイルオキシホホリルコリンを主成分としたポリマーだということ。

生体適合性に優れていることから、人工臓器の表面処理剤、アイケア素材
など医療分野で広く用いられています。
皮膚刺激性を緩和し、優れた生体適合性から、安全性が高いと評価されています。

化粧品に含まれるリピジュアの特徴

リピジュアの最大の特徴は2つ。
それは、高い保湿力と保湿の持続性です。
保湿力
保湿量は、ヒアルロン酸の2倍。
1gで約6Lも吸水するヒアルロン酸の2倍という事は
およそ、12Lということです!
そして、注目すべき点がその持続力です。
リピジュアを塗ってその後、水洗いした後、
1時間後に水分量を計測し、水分量が続いていることがわかりました。
そして、さらに水分量がアップしたという結果が出ています。
これは、水洗いした後でも、リピジュアが肌に残っていて
水分をお肌に抱え込んでくれているという事です。

また、皮膚の刺激性を緩和するという特徴があります。
これは、敏感肌や肌の弱い方も安心して使用でき、
弱ったお肌が刺激を受けやすくなったときに
お肌を守ってくれるということにつながります。