口元のたるみを取りたいけどどうしたらいいの?

ある年齢になってくると
気になってくるのが口元。
口元のたるみ、マリオネットラインというそうです。

ほうれい線よりも気になる口元のたるみ

ほうれい線が気になっていたのに
このほうれい線の続きのような
マリオネットラインは
すごく年齢を感じさせます。
口元のたるみのせいで、
年齢以上に老けた印象を与えているかもしれません。

TVで、
60代の女性が30代と偽り若い恋人がいたという
犯罪を犯した女性のことを話していました。
美容外科でヒアルロン酸の注射もしていたようですが
ゲストの若い女性に
年配の女性が(誰だったかちょっと忘れたのですが)
「年を取ると気になるのはほうれい線よりも
この、マリオネットラインなのよ」
と言っていました。

そう、そうなんです。
ここが、人に対して老けた印象を与えるんです。
口元、あご、首のたるみやしわは
もしかしたら、実年齢以上の印象を与えているかも。

口元のたるみを取る方法は

口元のたるみを取るにはどうすればいいのでしょう?
スキンケアをしっかり行う事はもちろんのことです。
でも、30代くらいから、筋肉は徐々に衰えていきますが、
顔の筋肉も同じなのです。
顔の表情筋はしっかり動かしていなければ
衰え、口元や頬、そして、顔につながる
あごや首まで垂れ下がってきます。
鍛えていなければ衰えるのです。

表情筋を鍛える

若々しい印象は顔の下半分が大いに影響すると言われます。
顔の下半分を鍛えるために、
表情筋のトレーニングが効果的。
顔の筋トレの前に
コリをほぐすことも必要だとか。
ちょっと、めんどくさいと思われるかもしれませんが
口元のたるみをどうしても取りたいと思う方は
がんばってみてください。

リンパマッサージ

むくみを取ったり、小顔へなるためには
リンパの流れをよくし、老廃物を流すことが
効果的と言われていて、
そのためのリンパマッサージはおすすめで
よく、エステサロンなどでも人気ですね。

簡単な方法は
まず、2本指を耳の後ろにあてます。
そのまま鎖骨の方向に、やさしく流していく。
これを3~5分間、マッサージクリームやオイルなどを使って
摩擦させないように行います。
これは、首のたるみをとるための
マッサージの時にもとる方法です。

二重あごをとる方法
先ほどと同様、まず2本指を今度は、あごに当てる。
そのままエラの角まで軽く上にあげていきます。
毎朝3分間行います。力を入れ過ぎないようにしましょう。

毎日続けることで効果がどんどん出てくるそうです。
「美は一日にして為らず」
生まれつきの美人は違うかもしれませんが
どんなに人に美しいと思われる人でも
自分を不美人だと思っている人がいるなんて信じられない思いですが。
美の基準は、人それぞれ。
もっときれいになりたいと思うのは、大方の女性にとって当たり前。
最近では男性にもいますけどね。

でも、めんどくさいこともあります。
美容の方法はいろいろですから
自分に合った、好きだと思えることを続けてみてくださいね。