シミ消しに効果的なハイドロキノン

シミケアや美白ケアに敏感な人には、とっても気になる美白の王様ともいえるのがハイドロキノン。
「肌の漂白剤」とも言われるほど強力な作用を持っています。
でも、刺激が強いのでは?とか、安全性を心配する声もありますね。
シミにはハイドロキノン?
ハイドロキノンは、強力な漂白作用を利用し、医薬部外品、美白剤として皮膚科などで処方されていたり、
薬局などでヒドロキノン配合の軟膏・クリーム等が市販されています。

近頃では、シミ取り、美白化粧品などにハイドロキノンが配合されたものを目にする機会も増えてきましたね。
日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されてきてからでしょう。

それ以上の濃度のハイドロキノンは病院での処方が必要です。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの美白効果はコウジ酸やアルブチンの100倍と言われています。
シミの原因のメラニン色素の合成を食い止める働きのある成分なのですが、
シミの素となるメラニン合成酵素であるチロジナーゼの活性を抑える効果が非常に高い成分です。

そして、強い抗酸化作用があり、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用で
薄くする働きがあり、これからできるかもしれないしみ予備軍も防ぐことができるという、
美白効果に優れた、最強の成分と言えるのです。

ハイドロキノンを使用する際の注意点

「肌の漂白剤」とも言われる強力な作用って聞くと、シミに悩んでる方は
ワクワクと同時に、その一方で、不安を覚えたりするかもしれません。
ハイドロキノンは強い漂白作用を持ちますが臨床効果は可逆性であり安全性は高いです。
ただし、一般的に濃度や投与量が多くなると刺激性皮ふ炎を生じることも。
肌の赤みやかゆみを伴うことがあります。

使用する際は、分量や使用頻度など、使用上の注意を守ること。

赤みや刺激が強い場合は使用を中止して、医師に相談してください。

また、強い紫外線を浴びると、シミが濃くなる場合があります。
短時間でも日中外出の際は、日焼け防止に気を付けて、SPF20以上のサンスクリーンを使用するなどしてください。

ハイドロキノンを塗布するタイミングは?

紫外線には要注意ですから、使用は夜のスキンケアのみです。
洗顔後は、お肌への浸透が一番良くなっている状態ですから、効きすぎる、刺激を受けやすいかもしれません。
化粧水や乳液などのケアをした後、スキンケアの最後に塗ると良いです。

美白ケア・シミケアにハイドロキノンをより効果的にする方法

ハイドロキノンは、ビタミンAの1種であるトレチノインと併用することで、皮膚の漂白効果がより高まると言われています。
シミケア、美白ケアに皮膚科でも、この2つを併用して治療することが多いです。
美白効果をすみやかに結果に出すためには、組み合わせも大事なポイントになるかもしれません。
ビタミンC、トレチノインなどと併用するとより効果的です。

使用方法や、使用量を守って、美白ケアに成果が出ますように!