肌の弾力、ハリに関わるエラスチン

お肌の弾力、ハリに関係するエラスチン
エラスチンは弾性線維の主要な構成成分で
コラーゲンの繊維を支える役割を持ちます。
最近、化粧品やサプリメントなどでも
肌に弾力を与える成分として
エラスチンに関心を持つ方も増えています。

エラスチンとは

エラスチンは800以上ものアミノ酸からなる
不溶性タンパク質で弾性に関与する成分です。
エラスチン
私たちの身体では、皮膚の真皮や靭帯、血管といった伸縮性のある部分に
多く含まれます。
具体的には、エラスチン含有量は、項靱帯で約78~80%、
動脈で約50%、肺で約20%、真皮で約2~5%を占めます。

コラーゲンの繊維を支える役割を持つ繊維

エラスチンは皮膚の真皮や靭帯、血管といった
伸縮性のある部分に多く含まれています。
コラーゲンが真皮の線維成分として70%以上を占めていますが、
エラスチンは僅か2~5%くらいしか含まれません。
しかし、このごく微量のエラスチンの伸縮性や弾性によって
皮膚に弾力を与え、皮膚のハリを保つ働きをしています。
コラーゲンの繊維を支える役割を持つ繊維なのです。
肌の弾力
エラスチンは、真皮にある繊維芽細胞によって作られます。

エラスチンの減少と変化

真皮にあるエラスチンは
常に伸縮・弛緩を繰り返しています。
そして、加齢とともにその伸縮性を失い、
減少することが知られています。
エラスチンは、25歳前後をピークに
次第に減少していき、
40歳を過ぎると、減少するスピードが増していきます。
このようなエラスチンの減少や変化で、
真皮の元気がなくなって
組織を支えることが出来なくなり
たるみやしわの要因となると考えられています。

また、長く紫外線にさらされ続けると
弾性線維(エラスチン)の変性や沈着が起こり、
弾力性のない硬化した光老化皮膚の原因になることもあります。
エラスチンは老化と紫外線の影響で減少、変性
ここでも、また、紫外線の肌への影響がでて来ちゃいました(´・ω・`)
老化によることもありますが、紫外線によって、
皮膚のこういった組織が影響を受けてしまい
肌トラブルの元になるという事が、具体的にわかってきます。

肌のたるみの原因には複合的なものが関りますが、
弾力に関係する成分エラスチンは見逃せません。

保湿効果もあるので、保湿剤としても化粧品に配合されていたりします。
最近では、サプリメントでも見られるようになりました。
外側からのケアだけでは、どうも効果がわかりにくいと
思われたら、サプリで身体の内側から試してみるのもありですね。