コラーゲンは質が大切っていうのはどうして?

「コラーゲンはサプリメントなどから摂っても
意味がないので食品から摂ってください。」
こんなことをTVかネットで目にしたことがあります。
コラーゲン粉末やサプリを飲んでる私としては
それを聞いて正直「がっかり・・・・」。
でも、ちょっと待って。
ほんとにそうなの?

コラーゲンの種類と質

がっかり
コラーゲンをサプリやドリンクなどで摂ってる人は
聞いたことがあるかもしれません。
「コラーゲンは質が大事なんですよ。」
一般の消費者は、なるだけコスパの良いものを
求めると思います。(私もそう。)
「続けることが大切だし、悪くなさそうなら
なんでもいいよね。」と実際思ってました。

コラーゲンのカタチ

身体のどの部分にもコラーゲン

コラーゲンは、肌だけでなく
身体全体、あらゆる部分に存在するたんぱく質の一種。

コラーゲン分子は、アミノ酸がつながってできた鎖を
3本組み合わせた「三重らせん構造」をしています。
それらがたくさんつながっているため
とても分子量が大きいんですね。
この分子量と構成の違いで
「コラーゲンペプチド」「ゼラチン」「コラーゲン」
と呼び方も変わり、体内での吸収のされ方も
変わってくるのです。

コラーゲンについて

ゼラチン
コラーゲンに熱を加え、抽出したもの

コラーゲンペプチド
ゼラチンを酵素などで細かく分解したもの

コラーゲンペプチドは低分子で、
水に溶けやすい性質から
食品や化粧品など広く利用されています。
最近になり、アミノ酸よりちょっとだけ大きな
「ペプチド」の状態でも、
体内でそのまま吸収されることが
わかってきたそうです。
そして、アミノ酸が2~3個つながった状態で吸収され、
線維芽細胞を刺激して
様々な生理活性を誘導することも
わかってきたそうです。
アミノ酸自体身体には必要なものだし
「コラーゲンをとってもアミノ酸として
吸収されるだけだから無駄なこと」
ではなかったという事です。
今まで、コラーゲンをサプリやドリンクなどで
摂取してきた方、
安心してください。
もちろん、食品から摂るのが一番の理想で
サプリなどは補助的に用いるのが良いのですけどね。

ゼラチンとコラーゲン

だいぶ前、バーバラ寺岡さんがTVで
病気を克服された時のお話をよく覚えています。
膠原病だったそうで、
彼女は、その病気となった原因を考え
食生活にコラーゲンを摂り入れたそうです。
その当時、今ほどコラーゲンのサプリなどは
販売されていたか、子供だったのでわかりませんが
そう多くなかったと思います。
その時、コラーゲンをどうやって摂るか?
そうだ、ゼラチンはコラーゲンなんでから
ゼラチンを摂ればいいとおっしゃってました。
この時から、ゼラチン=コラーゲンだと思ってましたが
呼び方が違うように、構造が違うんですね。

コラーゲンの吸収の仕組み

コラーゲンを摂取すると、
胃液、膵酵素、小腸酵素で分解され
アミノ酸が数個つながった
アミノ酸ペプチドというカタチで腸管吸収されます。
そして、アミノ酸ペプチドが
再びコラーゲンに再合成されます。
現在、一般的な健康食品、ドリンクなど
コラーゲンと表記されているものは、
このコラーゲンペプチドがほとんどです。
低分子コラーゲンと言ったものは
コラーゲンペプチドなんですね。
コラーゲンペプチドの場合には
そのままのカタチで吸収されやすいので
分子量とか、表記を見てみると良いです。

現在流通しているコラーゲンペプチドは
牛、豚、魚、鶏由来で、
豚由来が主流で、過半数を占めています。
生産地、飼育方法など、
製造、販売する側のこだわりもあるようで
それが、質の良さに関係します。
身体に入れるものなので
そう言った原料の環境面も
気になる人は見てみるといいですね。