身体に重要な役割をもつコラーゲンの効果

ぷるぷるのお肌、ハリのあるお肌と言えば
コラーゲンというのはもう浸透していますよね。

ぷりぷりの肌
健康な肌というのは油分と水分のバランスがよく
つやがあり、弾力のあるお肌です。

美しいお肌は、その人自身輝いて見えます。
事実、お肌は、その人の生活を表しているとも言えます。
バランスのよい食事や質のよい睡眠。
ストレスがないなど。

でも、年齢とともに肌の調子も衰えていくというのも
また現実です。

美肌の為にスキンケアをしっかりするのはもちろんですが、
生活習慣を改善することは大前提。

では、コラーゲンがどのようにお肌と関係するのでしょうか?

コラーゲンとはどういうもの?

コラーゲンはたんぱく質のひとつです。

言わずと知れたタンパク質は炭水化物・脂質とともに
三大栄養素と呼ばれる、
身体を構成する重要な成分のひとつです。

人体内のたんぱく質には約10万種が存在しているといわれ
コラーゲンはその30%を占める重要なたんぱく質です。

25歳を過ぎた頃から、体内で新しく作られるコラーゲン量が
減少して、新陳代謝がうまくいかず、皮膚にたるみやしわが
現れてきます。
ほかにも、白髪や抜け毛・高血圧 ・骨粗しょう症・関節炎・老眼
・動脈硬化など、さまざまな問題も起こってきますね。
高齢者に多い骨粗しょう症は、カルシウム不足だけでなく
加齢による体内のコラーゲンの減少も原因の一つなんですよ。

コラーゲンの役割

コラーゲンは、骨の内側の柔軟性を保つ役割があり、
骨がもろく折れやすくなるのを防いでくれます。

でも、コラーゲン自体、実は栄養価としては非常に低いもので、
栄養素として摂取する必要性はないのですが
身体や臓器の枠組みを保つ役割をもつなど
体内のいろいろなところで重要な役目を果たしています。

お肌の為にコラーゲンが必要というのはどういうことでしょう?
それは、真皮は、コラーゲンがその大部分を占めています。
ほかにも、ヒアルロン酸やエラスチンなどのゼリー状の気質が
コラーゲンの間で水分を保持しながら、肌の弾力を与えているわけですが
真皮の本体というべきコラーゲンが、必要不可欠なんですね。

コラーゲンを摂取することの意味

コラーゲンは、もともと身体の中にあり、生まれます。
でも、25歳を過ぎた頃から、体内で新しく作られるコラーゲン量は
徐々に減少しはじめ、40歳では約1/2、
60歳で約1/3になってしまうと言われています。
これは、古くなったコラーゲンが分解されにくくなり、
硬くなって新陳代謝がうまくいかなくなり、
そのことで、新たに生まれるはずの
新しく健康なコラーゲンの量が激減してしまうからなのです。

コラーゲンを摂る仕組みは

よいコラーゲンを摂る

体内コラーゲン合成を促進する

老化コラーゲンが若いコラーゲンに置き換わる

皮膚、骨、血管が若返る

こうして、アンチエイジングにつながります。

コラーゲンは取ったらどうなるの?
コラーゲンを取ってもそのまま肌に届くわけではない?
そうなんです。
コラーゲンを摂取すると、体内で「アミノ酸」に分解され、
「アミノ酸」として吸収されます。
コラーゲンはアミノ酸がたくさんつながっているため
とても分子量が大きく、これを摂取すると、
胃液、膵酵素、小腸酵素で分解されて
アミノ酸が数個つながったアミノ酸ペプチドとなり
腸管吸収されます。

分解されて腸管吸収されたアミノ酸ペプチドは
「プロリン」というアミノ酸が利用されて、
合成が促進され、再びコラーゲンとなるとされています。
ただ、そのメカニズムはまだ解明されていないようです。
コラーゲン生成にアミノ酸が関わっているということは
CMでもよく流れているサプリで
コラーゲンとアミノ酸という組み合わせが
なるほど、それでだったのかと納得がいきます。
コラーゲン
コラーゲンは身体の中でつくられます。
コラーゲンが作られる過程には、さまざまな栄養素が関わってくるので、
常にバランスの良い食事を心がけることが大切です。
特にビタミンCはコラーゲンをつくり出すには
不可欠な成分です。

コラーゲンどのくらい必要?

体内合成を盛んにするために必要なコラーゲン:
健康維持量2.5g~健康増進量5g/日

コラーゲンが多く含まれる食品は
フカヒレや手羽先、うなぎなどがあげられます。
食事から摂取するためにはコラーゲンを
1日に5g摂取するには、牛すじで100g、鳥の手羽先で335g、
アジの開きで500gになります。

これを、毎日摂るのは、ちょっと難しいですよね。

サプリメントやドリンク剤などを上手に取り入れて
補うことは必要なことかもしれません。

コラーゲンを肌に直接塗ることでの効果はないといわれます。

肌の表面に塗ることによって、
外部からの刺激をやわらげ保湿を促す効果が期待でき、
化粧品の材料として配合されています。
お肌に保湿が大切ですから、そのスキンケア効果はあると言えます。
ただ、コラーゲンの分子が大きすぎるため、
肌から吸収されることはないと言われています。

ただし、分子量を小さくするなど
商品によっては浸透力に違いがあるでしょう。
化粧品の材料として使われる場合、また、サプリとしても
開発が進んで、分子量を小さくしているところもあります。

気になる人は、配合量だけでなく、分子の大きさにも
気をかけてみるといいですね。

美肌のための成分は色々ありますが
コラーゲンは見逃せないものと言えますね。
食生活もバランスが大事だとよく言われますが
色々なものが組み合わさって、生成されるものがあるからなんですね。